水かぶりで自前のステロイドを出してアトピーを治す方法

スポンサーリンク



水かぶりはステロイドを減らしていきたい、脱ステロイドを考えている人にオススメします。

費用も手間もかからず、副作用のない自前のステロイドを体内から出す方法が水かぶりです。

子供の頃からやると効果が大人になっても持続するので、子供がアトピーの方や、将来子供をアトピーにしたくないと考えてる人はぜひ試してください。

水かぶりとは

身体に冷水をかけることにより、寒冷刺激が肌へのストレスになり、副腎から腎皮質ホルモンが分泌され炎症やかゆみを抑えてくれます。

大人より子供の方が効果が出やすく、幼少期より続けることで副腎が鍛えられアトピーになりにくい身体を作ることができます。

副腎は幼少期時代にしか鍛えられず大人になると鍛えることができないので、子供の頃から副腎を鍛えてアトピーになりにくい体づくりをしてください。

大人は副腎を鍛えることができませんが、水かぶりを根気よくすれば効果が出てくるので試してみてください。

私の場合ですが、水かぶりの効果が出てきたのが1年以上かかりました。口コミを見てみると早い人で2、3ヶ月で効果が出る人もいました。

「水かぶり」でアレルギー知らず!の著者:小山内博氏のホームページに水かぶりの体験談が掲載されているので、ぜひ見てみてください。

水かぶりの効果

  • 血行促進
    →体内の毒素が早く排出されます。
  • 副腎から皮質ホルモンの分泌を促進
    →天然のステロイドは副作用もなく炎症やかゆみを抑えてくれます。
  • 自律神経を整える
    →自律神経が整うことで内臓の働きがよくなります。

やり方

  1. 温水シャワーまたはお風呂で1分以上温まる
  2. 冷水シャワーを1分以上、身体全体にかける

温水と冷水の温度差が20℃以上あれば効果が得られるので、真冬の冷水が厳しい時は給湯器の温度設定で調節しましょう。

水かぶりは温冷を3回は繰り返してください。

サウナから水風呂を繰り返すことも効果があります。この場合はしっかりサウナで温まってから水風呂に入るようにしましょう。

サウナでデトックス効果はない?アトピーへの効果は?

2016年6月27日
いきなり頭や心臓にかけると身体に負担がかかります。
必ず心臓から一番遠い、足からゆっくりかけてください。

まとめ

子供は暖かくして育てるのが普通。水かぶりなんてとんでもない。と周りの母親たちや医者から批判され実践する人は少ないそうです。

私も初めてすぐは家族からやめろ。風邪をひく。馬鹿らしい。と散々言われてきましたが、アトピーは改善されていくし風邪もひかなくなりました。

副作用はないし、手間もお金もほぼかからないので長い目で試してください。

スポンサーリンク