【体験談】紫外線治療はアトピーに効くのか?

スポンサーリンク



アトピーには紫外線治療があると聞いたので半年間試した体験談です。

治療の種類は4種類で、内2種類のナローバンドUVBとエキシマライト治療をしてもらいました。

治療の種類

PUVA療法

オクソラレン(光増感剤)を服用するか、皮膚に塗布してUVAを照射する。

当日は1日サングラスを着用、肌を日光に当たらないようにする必要がある。

波長は320nmー400nm

UVA1療法

ナローバンドUVBより日焼けの作用がほとんどない。

照射装置がまだまだ復旧していない。

波長は340nmー400mn

ナローバンドUVB療法

PUVA療法のオクソラレンが不要で、症状に有効な波長を絞ったもの。

波長は311nmー313nm

エキシマライト療法

ナローバンドUVBの効果を何倍にも高めたもの。

照射範囲が狭いため、全身に使うことはできない。

波長は308nm

皮膚科での治療体験談

半年間だけですが毎週2回通って、全身にナローバンドUVBで右手にエキシマライトを照射していました。

パンツ1枚で、サングラス着用させられ

表下半身→表上半身→裏上半身→裏下半身

といった感じで照射しました。

上半身と下半身の境目が照射されているか不安だったので

日焼けサロンのような片面一気に照射出来る皮膚科に行けばよかったです。

右手だけアトピーがひどかったので、先生がいつもおまけでエキシマライトを当ててくれるのですが、私には効果がバツグンにあり半年で右手だけ治りました。

半年後の話ですが、完治したのは右手だけ。

全身はうるおいが出てきたところで金銭的にきつくなってきたので辞めました。

保険適用で治療費が1回1,000円ぐらいで週2回通っていたため月に8,000円程度かかった計算です。

紫外線治療のため日焼けは覚悟していましたが、全身はとくに焼けた感じはしなかったけれど、右手だけは他の肌と比べてワントーン色が濃くなってしまいました。

まとめ

カサカサ系のアトピーには効果がありそうです。

家の近くに照射装置がある皮膚科があって、肌の色が濃くなってもいいなら試す価値はあると思います。

地域名+ナローバンドUVB
地域名+エキシマライト
地域名+VTRAC(エキシマライトの照射機械名)

などで検索すると取り扱っている皮膚科が見つかると思います。

ちなみに日焼けマシンも体験しましたが、皮膚科でやるより効果が感じられないし、値段も1回3,000円以上と高かったのでやるなら皮膚科で施術してもらうほうがいいです。

スポンサーリンク