サプリメントの正しい保管方法を知っていますか?

スポンサーリンク



アトピーが完治した今でもサプリメントは服用しています。
ただ毎日3回飲むことはなく、井穴刺絡したときに鉄分を摂ったり、激しい運動やストレスを感じるときにビタミンCを摂ったりです。

以前のように毎日飲まなくなり、半年から1年で飲みきるようになると湿気の問題が出てきました。

サプリメントの保管場所は冷暗所

冷暗所に保管するのは当然ですが湿気対策は万全ですか?
私は湿気対策を怠ったせいでかなりのサプリを捨てることになりました。
そうならないための対策をお伝えします。(失敗談は後述)

パッキン付きの箱に乾燥剤を入れる

海外製品は気密性が低く、中に乾燥剤が入っていても湿気やすい状態にあります。
とくに日本は高温多湿で海外と違って保管方法は十分気をつけないといけません。
そこでサプリメントの容器ごと収納し湿度を低く保てる防湿庫として
Amazonで評価の高いナカバヤシのドライボックスを購入しました。

11Lは高さが足りないため8Lを選択。
乾燥剤はくり返し使えるシリカゲルがオススメです。

保管方法で失敗した話

湿気たサプリメント

私の家では食器棚の一番したが涼しくて暗い場所のためここに保管しています。
起きてビタミンCと口角が切れて痛いのでビタミンBを飲もうとしたら

サプリメントが変色して異臭を放っていました。

とくにひどかったのがビタミンBのサプリメントで、調べてみると「吸湿性が高く変色しやすい」書いています。
変色しても品質に問題はない。と書いていますが硫黄臭(卵の腐った匂い)のするサプリは怖くて飲めません。
ほかにも昨日まで飲んでいたビタミンCとしばらく飲んでいなかった亜鉛が危ない状態でした。
海外のサプリはしっかり接着剤で密封されていますが、一度開けるとパカパカのプラスチックのフタで閉めるだけなので日本の気候で保管するには工夫が必要だったのですね。

まとめ

1ヶ月で飲みきるなら問題ないと思います。
もし長く保管する必要があるなら防湿ボックスの導入をおすすめします。

スポンサーリンク