サウナでデトックス効果はない?アトピーへの効果は?

スポンサーリンク



運動とサウナではかく汗の種類が違うとか
ドロドロの汗をかいてデトックスとか、言われていますが
サウナによってアトピーにどのような効果があるのか見ていきましょう。

サウナの効果

  • 血流の流れがよくなる
  • 冷え性が改善される
  • リラックス効果がある
  • 新陳代謝がよくなる

いい効果ばかりですが、入り方を間違えると逆効果になります。

汗が出る汗腺について

皮膚の断面

汗腺の種類

  • エクリン腺
  • アポクリン腺

エクリン腺から出る汗は水分が99%で残りは塩分やミネラルなどです。
汗が出るタイミングは、熱くなった体温を調節する温熱性発汗
緊張や不安なときの精神性発汗
熱いものや辛いものの刺激で出る味覚性発汗

アポクリン腺から出る汗は脂質やタンパク質を多く含みます。
汗はストレスや性的興奮で出るとされています。

脂腺(しせん)についての勘違い
脂腺からのデトックス効果がアトピーを良くする。
などと書かれている著書をよく見るのですが、ありえません。
脂腺からは肌を保湿してくれる皮脂が出ており、良い成分です。
ただ過剰分泌はオイリー肌になりますし、脂腺が詰まればニキビになります。

汗について

運動とサウナの汗の違い

違いはありません。
どちらもエクリン腺から出る汗で、体温を調節するためです。

ドロドロ汗の正体

体温調節のため、汗腺が血液より血漿(けっしょう)を取り出し
その中の成分から水分だけを取り出し残りは血液に返すのですが、
汗腺が弱っていると血液に返しきれず
汗と一緒に出てしまうためドロドロしているのです。
ドロドロ汗をかいてデトックス効果!と言うのは
身体に必要なミネラルなどが排出されているので勘違いです。

血漿(けっしょう)とは
血液の55%をしめる液体成分のことです。
成分は水が90%しめており、次にタンパク質が多い。
赤血球や白血球、栄養素などを全身に運び
細胞や組織で出た老廃物を腎臓まで持ち帰る役割があります。

サウナとアトピーの関係性

汗は99%水分でデトックス効果はありません。
アトピーに効果があるとすれば

  1. 血液循環がよくなり、腎臓で老廃物の濾過作業がよくなる。
  2. 内臓が温まると働きがよくなり、内臓機能が上がる。
  3. 毛穴が開き、脂腺から皮脂が出て肌を保湿してくれる。
  4. 自律神経が刺激され内臓機能を調整してくれる。

 

サウナの入り方

入る前と出た後はしっかり常温の水分を補給します。
スポーツドリンクを飲むのでしたら、
アクエリアスよりポカリスエットの方が添加物が少ないのでオススメです。

サウナから出たら水風呂に浸かります。
血管が伸縮することで血流がよくなり、血管が鍛えられます。
水風呂が苦手なら足だけでも効果はあるので浸かってください。

水かぶりで自前のステロイドを出してアトピーを治す方法

2016年6月9日

まとめ

サウナは1週間に1度でもいいです。
最初は汗が出にくいと思いますが、習慣づけて汗腺や血管を鍛えてアトピーを改善していきましょう。

スポンサーリンク