【1週間目】アトピーの色素沈着をハイドロキノンで治す

スポンサーリンク



4月9日〜15日の経過報告です。

まずは1週間経過しましたが肌の状態は皮が剥けたり、赤いポツポツが出てかゆかったりで大変な状態です。

はたしてどの程度までアトピーによって色素沈着した肌が改善するのか楽しみです。

 

トレチノインとハイドロキノンは4月9日から開始して終了は6月4日を予定しています。

治療方法や必要なものは次の記事にまとめているので、見ていない人はそちらからどうぞ。

【準備・計画】アトピーの色素沈着を治すためトレチノインとハイドロキノンを使う

2017年3月28日

 治療前の肌の状態

※画像をクリックすると拡大できます。

アトピーが完治して1年経ってもこのぐらい色素沈着が残っています。

膝の裏は夏場にハーフパンツを履くと友達とかに指摘されるので、色素沈着していない肌色に馴染むまでが目標です。

1週間経過した肌の状態

※画像をクリックすると拡大できます。

1週間目の感想

やるんじゃなかった。ってぐらい膝の裏はボロボロになってます。

特に右膝裏は寝ているときに爪でガリッといってしまったため傷が出来てしまって足を曲げるときに違和感があります。

腰はあまり皮が剥けず赤くなってずーっとかゆみがあります。

写真を見てもらってわかるようにアトピーのときのような感じで肌がボロボロになっていますが、剥けた皮の下はピンクでキレイな色の肌が出てきています。

肌の剥けかたもアトピーのようなカサカサの粉みたく剥けるんではなくて、日焼けで皮膚が剥ける感じのしっとりした皮膚が剥け落ちています。

顔の美白目的でトレチノインとハイドロキノンをやっている人の口コミを見てみると、やるんじゃなかった。ってぐらい肌の状態が悪くなって、そこで諦めず1クールやると肌がキレイになるって書いてあるので最後まで頑張ってみます。

膝の裏は4〜6日目がかゆみのピークで7日目からかなり落ち着いているため日中掻いたりすることはありません。

腰は4日目からずーっと痒くて、日中も気になるので我慢するのがつらいです。

アトピーでも同じですが体をかかないことが大事で、4日目に膝の裏を寝ているときにガッツリかいてしまって傷が出来てしまいました。

これは布団を洗いに出して毛布で寝てしまったことによる寝汗が原因だったので、すぐに夏用の布団に変更して睡眠が深くなるグリシンを飲むようにしました。

結果として寝ているときに起きることもなくなったので、寝る前にかゆみがあるときはグリシンに頼ろうと思います。

アトピーの痒みによって寝不足ならグリシンを試すといいよ

2017年4月18日

まとめ

1週間目はかゆみとの戦いで、肌の状態がかなり悪く最悪な気持ちになります。

アトピーによって色素沈着してしまった方は私の治療が終わってから試すかどうか判断したほうがいいです。

せっかくアトピーが完治したのにここまで肌をボロボロにして、1クール終わったのにそこまで変わらなかったら時間もお金も無駄になってしまいます。

【2週間目】アトピーの色素沈着をハイドロキノンで治す

2017年4月24日

スポンサーリンク