運動すればアトピーがよくなる理由

スポンサーリンク



運動で汗をかき、それによるデトックス効果でアトピーがよくなると思っていませんか?
汗には、ほぼ水分しか含まれずデトックスはほぼありません。
運動は汗ではなく違う効果があるのです。

汗の種類

皮膚の断面

エクリン腺

身体から出る汗のほとんどはエクリン腺からで
出る汗の99%は水分、残り1%は塩分やアンモニア等です。
サラサラした汗が特徴で臭いもほとんどありません。

アポクリン腺

ゆっくり身体が温まると出る汗で
80%は水分、残りは脂質やタンパク質、アンモニア等の不純物です。
ドロドロした汗が特徴で臭いがきつい人もいます。

エクリン腺は体表面のほとんどに存在しますが
アポクリン腺は耳周辺、脇、乳首、性器周辺にだけ存在します。

汗は3つの効果

1.汗は弱酸性のため殺菌効果があります。

2.アポクリン腺から出る汗は血中の脂質やアンモニア等の物質が排出されるため、血液が綺麗になる

3.皮膚表面から汗が吸収され、さらに皮脂腺の分泌が活発になるため、肌の表面に皮脂膜を張ってくれ肌にうるおいの効果を与えてくれる。

汗以外の効果

運動

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になり排便できる。
筋肉の収縮でリンパの流れが良くなり老廃物の回収スピードが上がる。 

サウナ

内臓が温まり、代謝がよくなる。

両方ともに言えることですが自律神経が正しく調整されるため
内臓機能が正しく働くようになりアトピー改善も見込めます。
また血流がよくなり滞っている老廃物が腎臓へ流れやすくなります。

運動着や方法

運動着は大体ポリエステル等の化学繊維が入っています。
化学繊維は肌に必要な水分まで奪って乾かしてしまうため
なるべく綿100%の服を着て運動するようにしましょう。

無酸素運動より有酸素運動の方がオススメです。
ゆっくり体温が温まるためアポクリン腺からも汗がでるし
無酸素運動より乳酸が溜まりにくいため、肝臓に負担がかかりにくいです。

ランニングを30分程度無理なくやりましょう。
シューズはクッション性がいい物を使いましょう。膝への負担が全然違います。

半身浴やサウナの効果的な入り方

入浴前にペットボトル半分の250mlの水分を取りましょう。
暑いからといって冷えた飲み物は内臓を冷やすので常温がいいです。

入浴後は水かぶりで副腎を鍛えると痒みや炎症を抑える効果が出てきます。

水かぶりで自前のステロイドを出してアトピーを治す方法

2016年6月9日

まとめ

カサカサ系のアトピーは運動することで汗腺が鍛えられ
汗の再吸収が正しく行われれば痒みは減っていくはずです。

ジュクジュク系のアトピーは半身浴やサウナで汗腺を鍛えてから運動が良さそうです。
湯治という治療方法もあるのでそちらも試してみてください。

スポンサーリンク