湯治で脱ステロイド!自分にあった泉質選びを紹介

スポンサーリンク



湯治だけでアトピーが完治することは難しいですが
脱ステロイドの離脱症状を和らげたり、今の状態から良くすることはできます。

自分に合った温泉選び

温泉には10種類の療養泉(りょうようせん)が存在し
病状に効果があると厚労省が決めた泉質です。
10種類の中でも1つが主成分となり、他は副成分として組み合わさってることがあります。

  • 炭酸水素塩泉(たんさんすいそえんせん)
  • 塩化物泉(えんかぶつせん)
  • 硫酸塩泉(りゅうさんえんせん)
  • 酸性泉(さんせいせん)
  • 硫黄泉(いおうせん)

上記がアトピーに効果があると言われている泉質です。
2つの有名な温泉を見てみましょう。

草津温泉の泉質

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)
(酸性低張性高温泉)※湯畑源泉
引用:湯Love草津

酸性→肌の殺菌効果、慢性皮膚病に効果
硫黄泉→慢性皮膚病に効果
硫酸塩泉→薬効が高く慢性皮膚病に効果
塩化物泉→塩を多く含み、汗の蒸発を防ぎ湯冷めしにくい、慢性皮膚病に効果

豊富温泉の泉質

ナトリウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性低温泉)(旧泉質名:食塩泉)
ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性高張性高温泉)
引用:豊富温泉ミライノトウジ

塩化物泉→塩を多く含み、汗の蒸発を防ぎ湯冷めしにくい、慢性皮膚病に効果
炭酸水素塩泉→皮膚表面の古い角質を融解・除去する。慢性皮膚病に効果
泉質には含まれませんがお湯に微量の油分が存在し
その油分のタールと言われる成分が皮膚の炎症を抑える効果があるそうです。

温泉の選び方

肌がカサカサ系は群馬にある草津温泉のような浸透圧が低張性の温泉を選びましょうがいいでしょう。
肌がジュクジュク系は北海道にある豊富温泉のような高張性の温泉を選びましょうに入りましょう。

浸透圧について
低張性:日本の大半は低張性。肌に水分を吸収
高張性:温泉成分が肌に染み込みやすい。肌から水分を奪われる

入浴がもたらす3つの効果

指をさす女性

温熱効果

身体が温まることにより、血管が広がり血流が良くなります。
このことで老廃物や疲労物質の排出が促されます。

水圧効果

全身に水圧がかかるため、マッサージ効果があります。
特に流れの悪い下半身は温熱効果と相乗して、リンパの流れが良くなります。

浮力効果

肩まで浸かることにより体重が10分の1になります。
普段体重を支えている筋肉などの緊張がとれてリラックス効果が期待できます。

湯治の正しい入浴方法

42度の温泉で20分は浸かりましょう。
HSP(ヒートショックプロテイン)が体内で発生し、傷ついた細胞を修復してくれます。

HSP(ヒートショックプロテイン)
熱によるストレスから身体を守ろうと傷ついた細胞を修復するタンパク質。
体温が1度から2度上昇させると発生します。

まとめ

湯治治療しているクチコミを見ると、最低3週間は毎日入っているみたいです。
その後、普段通り生活するとアトピーがぶり返してくるので、良い状態を維持するよう心がけてください。

スポンサーリンク