足つぼマッサージのデトックス効果でアトピーを早く改善する

スポンサーリンク



アトピーがあと一歩で治りきらないときYoutubeで足つぼの動画を発見し、ワラにもすがる気持ちで1ヶ月試した結果、悪化した時期もありましたが、ものすごくよくなりました。

アトピーを治すために食事や生活習慣はかなり改善したけど、今ひとつ治らない人はぜひ足つぼマッサージを試してみてください。

アトピーの原因

血管悪化
腸内環境悪化
アトピーは複合的な要素がからみあっているため、原因を特定することは難しいですが、それでも吸収・排出箇所を見直していけば炎症の悪化を改善したり予防することができます。

足つぼではこの排出箇所を徹底的に刺激することで、体内に溜まった毒素を外に出してあげます。

腸内環境

健康な腸は体に不要なものは吸収されないように弾いてくれますが、アトピーの人は腸内環境が悪いことが多く、体に不要な物質まで吸収されてしまいます。

腸内環境は食生活を改善し、補助的に乳酸菌などのサプリメントで善玉菌の働きを活性化させる必要があります。

血液

取り込まれた毒素を腎臓がきれいにし、尿として排出しますがアトピーの人は取り込まれる毒素の量が多く、腎臓の作業が増え疲れている状態です。

疲れた状態だと毒素が血液に取り残されたままになり、やがて排出できない毒素が皮膚へと出てきます。

足つぼの場所

ashitsubo

足の裏には全身に対応するつぼが存在し、押した反応で健康状態を確認できます。

アトピーによる足つぼマッサージは、腎臓から排出されるまでの器官とかゆみを抑える副腎を刺激して毒素を排出します。

  • 腎臓(じんぞう)
    血液をきれいにし、老廃物や毒素を出す
  • 輸尿管(ゆにょうかん)
    腎臓から尿を膀胱へ経由する管
  • 膀胱(ぼうこう)
    腎臓から送られてくる尿を溜める器官
  • 尿道(にょうどう)
    膀胱から体外に排出する管
  • 副腎(ふくじん)
    過剰な免疫や炎症を抑える
  • 副甲状腺(ふくこうじょうせん)
    血中カルシウムの濃度を調整
  • リンパ管
    血管から出た余分な液体の回収と排出

ツボ押しに必要な物

ツボ押し棒とマッサージクリームの2点だけです。ツボ押し棒は100均に売ってたりするので探してみてください。

マッサージクリームを使わず足つぼマッサージを行うと肌がボロボロになるので必ず使うようにしましょう。使わず余った軟膏でも代用できるます。

時間帯と回数

起床

1日1回、起床後に行いましょう。

朝が一番毒素が出やすく効果が見込めるためです。

慣れれば片足5分、両足10分でできます。起床後にできなくとも、1日1回はマッサージしましょう。

マッサージのやり方

文章で見るより動画を見ていただいたほうがわかりやすいです。

上で書いた足つぼの箇所を押しているので手順を覚えれば動画を見なくても簡単にできるようになります。

注意点
ツボ押しで血流がよくなり、全身のかゆみが増す場合があります。
その場合は副腎が押せていない可能性があります。

副腎のツボは狭く深いため痛いと感じる箇所を探しながら押してください。
最初の1週間はうまく見つけれなくても周りの筋肉がほぐれて押せるようになります。

マッサージ後にすること

飲む

毒素を出す働きをさらによくするために50度の白湯を500cc飲みましょう。

白湯の効果

  • 利尿作用
  • 冷え性改善
  • 新陳代謝アップ
  • 内蔵の疲労が回復
  • 腸内のデトックス

飲み方はゆっくり、少しずつ飲みましょう。一気に飲むと胃に負担がかかり、消化機能が低下してしまいます。

まとめ

私が足つぼマッサージを試した時は1週間ぐらい変化なくて、そこから3日間ぐらいアトピーが悪化しました。

炎症が強くなったりかゆみが増えましたが、次第と傷の治りが早くなり1ヶ月後には保湿剤を塗らなくてもいい状態まで肌が回復しました。

アトピーが治った今でも予防として1週間に1度はマッサージしているおかげか、多少荒れた生活が続いてもアトピーは出ていません。

スポンサーリンク