断食はアトピーに3つの効果がある

スポンサーリンク



断食は1週間も食べないで辛いイメージがあると思います。

仕事や学校があるのに何週間もご飯を食べず生活すると、ストレスで逆に悪化しかねません。

アトピーの人は週末を使ったプチ断食で効果を感じましょう。

断食の効果

指をさす女性

自然治癒力が上がる

内蔵が休まるため、臓器の機能が回復します。

また身体の栄養が不足するため、脳が危機を感じ取り自然治癒力が上がります。

大腸が綺麗になる

食べ物が極端に減るため大腸に溜まった宿便が排出され腸内が綺麗になります。

コレステロール値が正常になる

正常になると腎臓の負担が減り、毒素の排出機能が良くなります。

断食のやり方

断食は休日に行ってください。

空腹でイライラするとストレスが溜まり、かえって身体によくありません。

断食当日は激しい運動はせず、家でDVDを見るなどゆっくり過ごしましょう。

共通してやることは
前日のお昼は腹8分、夜は腹5分
復食の朝は重湯、お昼はご飯と味噌汁、夜は普段のご飯を腹8分
食事から水分を補給できないため、しっかり水分補給をするようにしてください。

水断食

1日で2リットル以上の水を飲みます。

白湯だと内蔵が温められデトックス効果が上がります。

ヨーグルト断食

プレーンタイプのヨーグルトを1食150gを朝昼晩と食べます。

果糖タイプは悪玉菌の餌になるため、どうしても甘さが欲しければオリゴ糖を入れましょう。

オリゴ糖は善玉菌のエサになるためヨーグルトの相性はばっちりです。

にんじんジュース断食

200ccのにんじんジュースを朝昼晩と飲みます。

にんじんがアトピーに効果ある2つの理由

2016年6月14日

断食の注意点

  • 妊婦の方
  • 成長期の方
  • 薬を服用している方
  • 体調がすぐれない方

上記に当てはまる人は断食をしないでください。

  • アルコールや刺激物
  • スナック菓子や油
  • 砂糖の入った甘い物
  • 消化の悪い食べ物

上記の食べ物は回復日は特に避けてください。

断食した分、身体の吸収率がアップしているため悪化の原因になります。

まとめ

私は水しか飲まない断食を3日×2回行いましたが、食べれない辛さとアトピーが改善される度合いが釣り合わないと思い2回で辞めました。

1回目は下痢気味の私でも宿便が出て肌の調子も少し良くなったので効果あるかも!と思い、間を空けて2回目を行った時は宿便も出ず体調の変化も感じられませんでした。

そのため1回も断食をしたことがない人にはオススメできますが、2回目以降はする必要がないです。

それより腸内環境や自律神経、内臓を良くする方法はたくさんあるので他を試してみてください。

スポンサーリンク