にんじんがアトピーに効果ある2つの理由

スポンサーリンク



野菜の中でもにんじんを食べ続けることでアトピーが改善した話をよく聞きませんか?

もし生まれつき腸が弱くて下痢をよくしたり、乾燥系アトピーの場合はにんじんジュースがアトピーに効果あるかもしれません。

アトピーに効果がある2つ理由

乾燥して浮いた肌を改善

にんじんに多く含まれるβカロテンが肌のバリア機能を改善してくれます。

βカロテンは体内で不足した分だけビタミンAに変換され、残りは抗酸化作用として働きます。

ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つため必要ですし、過剰に働いている活性酸素を抑える抗酸化作用もあります。

βカロテンではなく直接ビタミンAを摂取してもいいのですが、ビタミンAは脂溶性ビタミンのため過剰摂取の恐れがあります。

もし過剰摂取してしまうと逆に肌が乾燥したり、嘔吐や下痢で体のバランスが崩れてしまいます。

そのため不足した分だけビタミンAに変換されるβカロテンで摂取することが好ましいのです。

腸内環境を改善

にんじんにはペクチンという食物繊維があり腸内の乳酸菌を増やしたり、便の水分を吸収してくれるので下痢が改善されます。

ペクチンは水溶性食物繊維に分類され、にんじんジュースにした場合も残っているため簡単に摂取できます。

にんじんジュースにせず調理して食べると不溶性食物繊維も一緒に取れるため、腸が刺激され水分を保持しようとするので下痢の人はジュースにしましょう。

にんじんジュースとそのまま食べるのはどっちがいい?

アトピーの人がにんじんを食べる理由はβカロテンの摂取が目的です。

毎日にんじんを食べるために料理を考えたり作るのは大変なので、簡単で手間がかからないにんじんジュースをオススメします。

オススメのにんじんジュース

伊藤園の「純国産野菜ジュース」がオススメです。

野菜ジュースはトマトベースが多いのですが、伊藤園の純国産野菜ジュースはにんじんがベースで朱衣(しゅい)という品種を使っており、通常のにんじんよりβカロテンの保有量が1.5倍もあります。

朱衣は伊藤園の独占契約で他にも使われている野菜は全て国産、無添加だから安心です。

通販限定商品で12本のお試しセットか30本セットの定期購入の2パターンで販売されています。

味が気になる人はお試しセットで注文したほうがいいです。毎日続けて飲めれなければ意味がありません。

30本の定期購入は3ヶ月続けないといけないため、最低でも15,552円かかります。

絶対アトピーを治すぞ!という気持ちがあれば定期購入して続けてみてください。軽度であれば1,2ヶ月で体調に変化が出てくると思います。

 

スポンサーリンク